便秘になった時の秘策で日頃から頼りにしているプチ断食

便秘になった時の秘策で日頃から頼りにしているものがあります、それはプチ断食なんです。
お不可欠が休日の日曜日のみを使った虚無泊二日光のプチ断食ですが、毎回効果は力一杯出ます。
金曜日の夜中からスープなどの小気味よいものにきりかえ、日曜日はみなし切りぬきます。

二日間のプチ断食も、チェンジ調和という肩こりや頭痛の症状が出てくることがあり、あしたに食事をした場合、硬めだったりしますが、少なからず便が出ます。
プチ断食の二日間は、水分を結構摂るように努めるので、たまっていたものをー、新しいものを入れずに溶かし押し出す感じがします。
一時期、便秘の時に浣腸に対していたこともありますが、それですとその後に繋がらず、けど浣腸といった断食を組み合わせた身体のクリーニングメンテもあるようです。
便秘解消を意識にプチ断食を開始した時折、断食明けの昼前は軽々しい物品、但し人参飲み物などの食物繊維が豊富なものを食します。
また、アーユルヴェーダの薬で推奨されていらっしゃるトリファラ(三種類のくだものを乾きさせた粉)の帯同も巻き込むように上げる。
便秘の解消にサプリを使えば慢性的でも効果があるのか